低用量ピルは避妊したい時だけに飲むのではなく、ちゃんとした飲み方はあることを知っていますか?シートの通りに飲んでいけば問題はないのですが、もし飲み忘れてしまった場合は決められた対応をしないとピルの効果が出ない時もあるんです。

ピルが21錠と28錠に分かれている理由

一般的にピルと呼ばれる経口避妊薬とは、主に避妊を目的とする女性ホルモン剤の事を言います。
ピルにはエストロゲンとゲスタージェンという2種類の女性ホルモンが配合されています。
正しく服用する事で、かなり高い避妊回避率を得る事が出来ます。
前述した通りにピルは避妊が一番の目的として使用されますが、それ以外の理由で使用する場合もあります。
代表的な理由として、生理周期の変更や月経困難症の改善、子宮内膜症の治療等があります。
かつては高用量ピルや中用量ピルが使われていましたが副作用のリスクが高くなる事から、低用量ピルや超低用量ピルが開発されて主流となってきています。
ちなみに副作用とは、主に吐き気や嘔吐、頭痛等です。
ピルには様々な種類がありますが、その一つとして錠剤の数が21錠と28錠に分かれているという違いがあります。
ピルが21錠と28錠に種類が分かれている理由は、毎日服用する習慣を維持するためです。
実は28錠タイプのほうには、7錠の偽物の薬が含まれています。
つまり、効果のある実薬は21錠タイプも28錠タイプも同じ21錠だという事になります。
どちらのタイプを選ぶかは個人の自由です。
自分にとって、より使い勝手の良いほうを選択する事が出来ます。