低用量ピルは避妊したい時だけに飲むのではなく、ちゃんとした飲み方はあることを知っていますか?シートの通りに飲んでいけば問題はないのですが、もし飲み忘れてしまった場合は決められた対応をしないとピルの効果が出ない時もあるんです。

ピルによる月経不順改善の効果

低用量ピルピルのなかでも女性ホルモンの含有量を減らしている低用量ピルは、避妊のために服用することが多いですが、月経不順などの月経関係のトラブル改善の効果も期待できます。
低用量ピルの仕組みは、排卵の抑制、子宮内膜の増殖を抑える、子宮頚管の粘液の変化させることによって避妊ができるようになっています。
低用量ピルは、21日間服用するタイプと28日間服用するタイプの2種類があります。どちらもホルモンが含まれている実薬は21日分あり、28日分の残り7日分は飲み忘れ防止のための偽薬です。
そのため、21日間実薬を飲み、7日間休薬することで月経が来るようになります。
服用し続けるかぎり、周期が安定するため、月経不順の改善効果を得ることができます。
さらに実薬を飲むことで、大事な面接や試験、旅行に月経が重ならないように調整したり、いつ月経がくるか、妊娠したかもしれないという不安感から解放されます。
低用量ピルには月経不順の改善効果以外にも月経が軽くなったり月経痛の軽減、月経前症候群の緩和などの効果もあります。
子宮内膜の増殖が抑えられることにより剥がれ落ちる内膜の量が減ります。
そのため、月経の期間や量が軽くなります。
月経痛は子宮内膜に含まれるプロスタグランジンという子宮の収縮を促す物質と関係があります。
プロスタグランジンの分泌が過剰になることで、子宮の収縮が強くなり痛みを引き起こしますが、低用量ピルを服用することで、子宮内膜の増殖が抑えられ、プロスタグランジンの分泌量も減ります。
その結果、痛みが軽くなります。
さらに、子宮内膜の増殖が抑えられることにより子宮内膜症のリスク軽減や卵巣がん、子宮体がんの発生率を減らすことが可能となります。