低用量ピルは避妊したい時だけに飲むのではなく、ちゃんとした飲み方はあることを知っていますか?シートの通りに飲んでいけば問題はないのですが、もし飲み忘れてしまった場合は決められた対応をしないとピルの効果が出ない時もあるんです。

ピルのプラセボは飲む必要がある?

妊娠を避けるために服用する薬のことを、経口避妊薬と言います。
一般にはピルという呼び名で知られています。
ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つのホルモン剤が配合されています。
この2種類のホルモンは女性の体内にあって排卵期に分泌されますが、これを人工的に外から取り入れることですでに排卵が行われたかのような状態を作り出し、卵子を作り出すためのホルモンの分泌を抑えます。
同時に、子宮内膜に働きかけて受精卵を着床しにくくする作用ももたらします。
ピルにはいくつかの種類があり、ホルモンの配合によって大きく2つに分けることができます。
すなわち、すべての錠剤が同じ配合割合となっているもので、飲む順番に従って配合割合に変化をつけているものです。
また、飲み方によっても2つに分けることができます。
すなわち、21錠タイプと28錠タイプです。
21錠タイプの方は、連続して21日間服用した後に7日間の休薬期間を置きます。
一方28錠タイプの方は、連続して21日間服用した後に7日間別の錠剤を服用しますが、後の方の錠剤はプラセボです。
このピルのプラセボは飲む必要があるのかと言えばもちろん薬効面では必要ありませんが、もともと毎日薬を飲む習慣を持ったことのないような人にとっては飲み忘れ防止のために有効です。
21錠、28錠タイプに限らずピル全般は個人輸入代行業者を使えば通販サイトと同じ感覚で購入することが出来ます。
個人輸入代行業者を使うメリットはやはり金額でしょう。病院処方で入手するより非常に安く購入することが出来ますので同じピルをしばらく使い続けることが決まっている場合は最初は病院処方されたピルを飲み使用法や身体に合う合わないなどを確認し、その後の分を個人輸入代行業者から購入するのが安全策といえます。
業者によってはまとめ買いで1箱あたりの金額が更にお得になるというサービスもあるのでさらに安く購入することも可能です。

\使ったことのある避妊薬はこちらで購入が得ですよ/