低用量ピルは避妊したい時だけに飲むのではなく、ちゃんとした飲み方はあることを知っていますか?シートの通りに飲んでいけば問題はないのですが、もし飲み忘れてしまった場合は決められた対応をしないとピルの効果が出ない時もあるんです。

低用量ピルでホルモンの分泌異常を抑え避妊

月経前になると腹痛や頭痛、さらには腹部の膨満感や精神的ないらいらなどに悩まされる方がいます。
これは女性ホルモンのバランスが崩れたり、分泌異常から起こるもので重い人は起き上がれないほどの苦痛を感じるケースもあります。
こうした症状を月経前症候群といい、多くの女性がこうした月経前の症状に苦しんでいます。
こうしたホルモンの分泌異常による症状に働きかけるのが低用量ピルです。
低用量ピルというと避妊薬として広く知られていますがそのメカニズムはあまり知られていません。
低用量ピルは服用することでホルモンの量を人工的に調節して、妊娠中と似た状態にすることができる薬です。
妊娠中と同じ状態を作り出すので、精子の着床を防ぐことができ効果的に避妊できるのです。
その成功率は98%といいますからコンドームやオギノ式避妊法などほかの避妊法と比べてもかなり高いことがわかります。
こうして避妊薬として名高い低用量ピルですが、実はホルモンの分泌異常を整えて妊娠中と似た状態を維持することができるので、月経周期なども規則正しくすることができます。
さらに月経前症候群などの症状も改善することができるのです。
婦人科などではこうした月経前症候群の症状で受診された方には低用量ピルを処方するケースが多くあります。
服用することで、症状を軽減して毎日の生活のクオリティを引き上げることができるので、多くの女性に利用されているのです。
日本ではクリニックで処方してもらうのが一般的ですが、それ以外にも海外から個人輸入として入手することもできるので、さらに手軽にピルを服用することもできます。
正しく服用することで月経前の症状を改善してしっかり避妊することができます。