低用量ピルは避妊したい時だけに飲むのではなく、ちゃんとした飲み方はあることを知っていますか?シートの通りに飲んでいけば問題はないのですが、もし飲み忘れてしまった場合は決められた対応をしないとピルの効果が出ない時もあるんです。

低用量ピルの違和感と癒着について

低用量ピルは避妊したいという人にオススメの薬なのですが、使用していて違和感を覚えることもあります。
体質によっては薬が合わないこともあるため、吐き気や頭痛、めまいなどといった違和感を覚えたら使用を中止して医師に相談してみると良いでしょう。
違和感があっても避妊のために低用量ピルを使いたいという人もいるかもしれませんが、そのまま使い続けると重篤な副作用を引き起こす可能性もあるので注意が必要です。
ちなみに、低用量ピルは高い避妊効果があるだけでなく、生理の出血量を減らす効果や生理痛を軽減させる効果、肌荒れの改善効果、ニキビの改善効果、美肌効果なども期待できるということです。
低用量ピルは経口避妊薬と呼ばれることもありますが、生理の時に剥がれ落ちる子宮内膜が増えることを防止するという作用があります。
それによって女性の体を妊娠時に近いホルモン状態にすることができるため、さまざまなメリットがあるのです。
子宮内膜症とは子宮内膜が本来あるべき子宮の内側以外の場所に発生してしまうという病気であり、不妊の原因の一つであるとも考えられています。
この組織は正常な子宮内膜と同じように増殖して出血するのですが、その血液がしっかりと排泄されないと炎症や周囲の組織との癒着が起こってしまうため、さまざまな痛みをもたらします。
周囲の組織との癒着が起こる子宮内膜症の痛みから解放されたいという場合、薬物療法が有効だとされています。
たとえば排卵を抑えて生理量を減らす低用量ピルや、内膜の増殖を抑えるホルモン治療薬などを使用すると良いのですが、この方法はすぐに妊娠を望む女性には向かないということです。
最近では、周囲の組織との癒着が起こる子宮内膜症による月経困難症の治療のため、超低用量ピル発売されるようになりました。