低用量ピルは避妊したい時だけに飲むのではなく、ちゃんとした飲み方はあることを知っていますか?シートの通りに飲んでいけば問題はないのですが、もし飲み忘れてしまった場合は決められた対応をしないとピルの効果が出ない時もあるんです。

低用量ピルを飲み始めるのは生理の何日目?

低用量ピルは、1日1錠飲み続けることで、高い避妊効果があります。
服用方法について、詳しくご紹介しましょう。
通常、低用量ピルは生理開始の初日から飲み始めます。
この場合、その日から妊娠の心配はなくなります。
ただし、週末に生理が来るのを避けて日曜日に飲み始めるサンデースタートという方法の場合は、最初の7日間はコンドームなど他の避妊方法と併用してください。
低用量ピルは、1日のうちいつ飲んでもいいのですが、毎日決まった時間帯に服用できるよう、自分の生活時間に合わせて決めておきます。
ピルを飲んでいるのに避妊を失敗するケースでは、ほとんどが飲み忘れによるものですので、携帯のアラームを鳴らしたり、洗面所に置くなど、忘れないように工夫しましょう。
ピルには21錠タイプと28錠タイプがありますが、どちらも飲み始めは生理の1日目です。
21錠タイプでは、21日間飲み続けたら、7日間服用を中止します。
この間に、生理のような出血(消退出血)があります。
7日間のお休みが終わったら、次のシートを飲み始めます。
28錠タイプは、最後の7錠がプラセボ錠で、これを飲んでいる期間に消退出血があります。
最後まで飲み終えたら、休まずに次のシートに移ります。
消退出血が続いている場合でも、28日周期を守って次のシートを飲み始めるようにします。
飲み忘れた場合、プラセボ錠なら問題はないので間違わないように廃棄しておきます。
実薬の飲み忘れは、24時間以内なら気づいた時点で忘れた分を飲み、以降は通常通り飲み続けます。
2日以上飲み忘れた場合には、そのシートの服用は中止して、生理が始まったら新しいシートを再開します。
念のため、最初の7日間は他の避妊方法と併用することをおすすめします。