低用量ピルは避妊したい時だけに飲むのではなく、ちゃんとした飲み方はあることを知っていますか?シートの通りに飲んでいけば問題はないのですが、もし飲み忘れてしまった場合は決められた対応をしないとピルの効果が出ない時もあるんです。

月経周期をつけてピルを飲もう

不規則な生活、食の欧米化、仕事や学校でのストレス。
繊細な女性の体は些細な事で月経の周期が乱れたり、月経前に体調不良になったり、月経痛など、月経が重くなってしまいます。
自分の体を知ることは、自分自身をコントロールするのにとても重要なことです。
まずは自分の月経の周期がどれくらいなのか、最長でどれくらい遅れたり早まったりするのかを知っておくことがカギとなります。
体温計簡単なのは、基礎体温を毎朝計ることです。
基礎体温を計ることにより、大体の排卵の時期や月経が来る時期が分かります。
場合によっては妊娠していることが分かることもあります。
三ヶ月も基礎体温をつけていれば、自分の月経周期のパターンが掴めてきます。
例えば、月経の前にイライラする、吹き出物が出来てしまう、排卵期に排卵痛がする、などです。
このような場合、妊娠希望でない場合ならピルを服用する事により、月経前や月経時の各種不快感や辛い症状を緩和することができるかもしれません。
また、月経周期をつけてピルを飲もうとすることにより、正しい月経周期になりますので、旅行などの予定にも慌てることはなく対処できます。
既に、月経周期をつけてピルを飲もうと悩んでいる方、ピルを飲んでいる間は月経周期はずれませんので、ピルを服用している間は月経開始の日だけカレンダーに印を付けておけば良いのでズボラな人でも出来ます。